ブログ運営

    プロが語るブログのジャンルを選ぶ時の5つの注意点!ミスると大怪我をします

    ブログで稼げるか稼げないかは、そのブログのジャンル選びにかかっているといっても過言ではありません。

    実際に稼げないブログでよくあるのが、ジャンルなど考えずに好きなことをひたすら書いているというものです。

    もちろん趣味でブログを書いているならそれでいいんです。

    ただ、これからお金を稼ぎたいんだという場合は、もっと戦略的にジャンルも選ばないと負け戦をするようなものなのです。

    本文では、2019年最新版の初心者がブログで負け戦をしないためのジャンルの選び方を紹介していきますね!

    ブログのジャンルを紹介

    これからブログを始めようという方に意識してほしいのが「ジャンル選び」です。

    どのようなテーマのブログにするか。

    このテーマによって、ブログ上で紹介する商品なども変わってきます。

    まずはブログで多いジャンルについて紹介していきますね。

    子育て系

    子育て中のママ、パパさんが、自分の子育てネタを元に書いているブログが多いです。

    宅食サービス、家事代行、通信教材、主婦向けの資格講座、保険などと相性がいいです。

    稼ぎやすさでいうと微妙です。

    というのも、ライバルが多いわりに商品の報酬単価が低いのが多いです(;’∀’)

    妊活系

    妊活中の人や不妊治療を経験した人が書いていることが多いです。

    ここで注意したいのが、子育てと妊活は似ているようでターゲットは全く違うということ。

    いますでに子育てをしている人と、これから子どもが欲しいという人とでは求めている情報も違うので、混同しないようにしましょう。

    葉酸サプリや産み分けゼリーなどの商品と相性がいいです。

    ただ妊活系は稼ぎやすいと言われている反面、デリケートな医療ネタになり、グーグルが目を光らせている分野なので個人的にはオススメはしていません。

    婚活系

    婚活中の人や、婚活して成功した人などが書いていることが多いです。

    婚活系は、男性と女性で求めている情報が全く違うので、どちらをターゲットにするかも明確にしておきましょう。

    婚活サイトや美容商品と相性がいいです。

    婚活系の商品は報酬単価が高いものが多いのと、ブログ内で美容商品なども絡めて紹介できるのでアフィリエイトに繋げやすいです。

    恋愛系

    「元人気ホストが教えるモテ術」というようなタイトルがウケやすい印象があります。

    こちらもターゲットを女性にするのか、男性にするのかは明確にしておきましょう。

    マッチングアプリ、出会い系、女性の場合は美容系の商品も関連させやすいです。

    ウエディング系

    結婚が決まって、ウエディングの準備をしている人向けのブログになります。

    これは女性向けに作った方が良いですね!

    婚活とウエディングは似ているようで全然違うジャンルです。

    なので婚活とウエディングを混ぜて一つのブログにするのではなく、はじめは分けた方が集客につながるかと思います。

    (婚活がしっかり作り込めたら、横展開としてウェディングに参入するのはOK!)

    式場選びやムービー作成、ブライダルエステなどと相性がいいです。

    医療、健康系

    医療、健康といってもかなり種類があるのですが、肩こりや不眠など、色んな体の不調をテーマにしたブログです。

    サプリや健康食材などアフィリ商品は色々とありますが、医療系のジャンルはグーグルから厳しい評価を受けやすいので個人的にはオススメしていません。

    美容系

    美容系は女性向けのブログが多いですが、最近はメンズエステやメンズ化粧品の需要も出てきています。

    脱毛、エステサロン、美容整形、美容用品、化粧水、サプリ、ジム、ダイエット商品など、紹介しやすい商品は沢山あり、報酬単価も高いので稼ぎやすいジャンルです。

    ただ、こちらもグーグルからの評価が厳しいので、個人的にはあまりオススメしていません。

    節約系

    貯金を目指している人、家計が苦しい人などに向けて節約術を紹介しているブログも多いです。

    ポイントサイト、モニターなどのお小遣い稼ぎ系から、ポイントが貯めやすいクレジットカードの紹介、保険の見直し、格安SIMなど幅広く商品を紹介できます。

    保険の見直しやクレジットカード関連は単価が10000円以上の商品が多いので、そういった記事から発生するようになると収入が一気に増えます。

    投資系

    稼げるジャンルの1位といっても過言じゃないのが「投資系」です。

    投資信託、株、FXなどの口座開設は報酬単価が10000円以上のものが多いです。

    またこちらのジャンルはクレジットカードとも相性がいいです。

    ただ強豪が多すぎるので、真正面から参入するのはかなりキツイかと。。。

    SNSやメルマガを活用するなど、強豪と違った角度からアプローチすることをオススメします。

    ゲーム系

    ゲームが好きな人は、ゲームアプリで収益化を目指せます。

    私は全然詳しくないので、サラっとした説明になっちゃいます(;’∀’)

    アニメ・マンガ・ドラマ

    アニメやマンガは正直稼ぎにくいです。

    稼ぎにくい=ライバルが少ないので、アクセスは集めやすいというメリットはありますが、収益化にはつなげにくいです。

    ただアニメやマンガが好きな人は、他のジャンルと組み合わせると楽しくブログ運営できると思います。

    転職系

    転職サイトは自分の転職経験や、ブラック企業に就職している人が書いていることが多いですね。

    ちなみに私も、自分の新人時代の経験をもとした転職特化ブログをやってます。

    転職系も報酬が高いものが多いので、稼ぎやすいジャンルの一つです。

    旅行系

    旅行が好きな人は旅行系のブログを書くことが多いですが、ここで注意なのがただの旅日記では稼げません。

    マイルの貯め方などを説明しながら、クレジットカードを紹介するなどして収益化されている方が多いです。

    Webサービス系

    私が一番詳しくないジャンルです(笑)

    インターネット回線とか、ガジェット系とか、そういう系です。

    ジャンルをひとくくりにしてもいいのかさえ分かりませんが、このジャンルは完全に男性向けに作った方が良いですね(;’∀’)

    稼げるジャンルではあるようです。

    私のブログに置き換えて説明します

    ジャンルと紹介しやすい商品の説明をしていきましたが、イマイチイメージができないという方もいると思うので、イメージしやすいように私のブログで説明しますね。

    子育て系

    ワーママブログは子育てブログなんですけど、共働きのママさん向けに宅食サービスや家事代行、子供のタブレット教材、通信教材、ママさん向きの転職サイトの紹介をしています。

    転職系

    女社会の掟というブログは、20代の女性向けの転職特化ブログです。

    こちらのブログでは転職サイトの紹介を主にしています。

     

    このようにジャンルを分けておくと、紹介する商品も明確になりますし、その商品を求めている人を集客しやすくなるので買ってもらいやすくなります。

    なので、ブログを始める時は、自分はどのジャンルで勝負をするのかを考えてみましょう。

    ジャンル選びをミスらないための5つの注意点

    ジャンルの種類については知っていただけたかと思いますが、では、この中からどうやって選ぶのかについて説明していきますね。

    「自分」を活かせるジャンルか

    まずは「自分」を活かせるジャンルにしましょう。

    ・好き

    ・興味を持っている

    ・知識や経験がある

    といったジャンルです。

    ここで勘違いしてはいけないのは、そのジャンルのプロでないといけないというわけではありません。

    自分の失恋経験や借金経験など、社会一般ではネガティブな経験でさえブログでは武器になります。

    なので「経験」という言葉の意味は、広くとらえるようにしてくださいね!

    逆に「自分」を活かすことができるブログでないと、稼ぐのは難しいです。

    というのも、記事を書く際には、そのジャンルについて深く調べないといけませんし、読み手がどのようなことを知りたいのかも考えないといけないからです。

    たとえば、私はガジェット系が稼げるからといって、今からガジェット系のブログを立ち上げるとしたら、どうなるでしょうか?

    まず、私は「ガジェット系ってなに?」というレベルなので基礎知識を学ばなくてはいけません。

    また基礎知識だけではなく、ガジェット系が好きな人達よりも知識を深めて、その人たちに説明しないといけないわけです。

    こうなったら、私にとってはストレスでしかありません。

    また、自分が全く興味がないジャンルの場合、その商品をほしいと思っている人が何を求めているかが想像できません。

    私もガジェット系に詳しい人が、なにを基準に商品を選んでいるのか分かりません。

    ということは、商品の紹介もどう説明したらいいのか分からないんです。

    他にも、40代の独身男性向けの婚活ネタとかも私にはムリですね(汗)

    もちろんリサーチしたらいいのでしょうが、興味がないものに手を出すとストレスになりますし、好きで書いている人たちの情報量には勝てないので結局稼げないんですよね。

    なので、自分の好きなジャンル、経験や知識のあるジャンルを選ぶようにしましょう。

    そのジャンルは読みたいという人が多いか

    あなたが選んだジャンルと、そこから考えているブログのテーマは読みたいと思っている人がたくさんいるでしょうか?

    「こんなブログにしようかな~」と考えているブログテーマが、周りの人にとって興味を持てる内容なのかは一度立ち止まって考える必要があります。

    というのも、狙うジャンルがニッチすぎるとだれにも興味を持ってもらえず、結果的に稼げないブログになってしまうからです。

    たとえば、80歳の人向けの転職特化ブログがあったらどうでしょうか?

    日本は高齢化社会なので今後需要が出てくるテーマかもしれませんが、現時点では80歳から転職サイトに登録して就職先を探そうという人はそうそういないですよね。

    となると、そのブログは稼げないブログというわけです。

    ジャンルを選んだあとのブログの方向性も、需要がないといけないので、そのあたりも考慮してジャンルを選びましょう。

    稼げるジャンルか

    可能なら稼げるジャンルを選んだほうがいいです。

    投資系、節約性、美容系、転職系、婚活系。

    収益化を目指すなら、この辺りのジャンルがいいです。

    ライバルが多すぎないジャンルか

    先程の、稼げるジャンルを選ぼうというのと矛盾してしまうのですが、ライバルの少ないジャンルを選ぶのも大事です。

    先程紹介した稼げるジャンルというのは、やはりライバルが多いし強豪も多いんです。

    なので、頑張ってもライバルの中に埋もれてしまう人が多いんですね。

    「じゃぁ、どうしたらええね~ん!?」という話になってしまうのですが、稼げるジャンルの中でもライバルが少ないテーマを見つけるのがポイントです。

    たとえば美容というジャンルで、30歳の女性全般向けの美容特化と、30歳の女性向けのブライダルエステ特化ではどちらがライバルが少ないかを考えるんです。

    需要が全くないジャンル、テーマはダメですが、王道の戦い方より少しずらしたテーマを選ぶことでライバルを減らして勝ち戦ができますよ。

    メルマガでもブログについて語ってます。