ブログ運営

ブログオワコンに動揺するな!2019年ブロガーが生き抜くためにすべきことを動画で話す

ここでは2019年、ブロガーが生き抜くためにすべきことについてお話していきます。

プロブロガーのイケハヤさんがブログはオワコンといってYouTubeを始めましたよね。

またマナブさんをはじめ色んな方がYouTubeに参入しています。

そのような状況を見て、今からブログで稼ごうという人は

・「ブログはもう遅いのかな」

・「YouTubeもしないといけないのかな?」

など、いろんな不安を感じたんじゃないかなと思います。

そのように「ブログオワコン」と言われて動揺している人に向けて、これからどのような方向に進んだらいいのかについて解説していきます。

YouTubeでも解説しているので、動画が良い人はこちらから↓

ブログはオワコンではない。ただSEO頼りのブログ運営は厳しくなる

まずブログはオワコンなのかについてですが、私の見解としてはブログ自体がオワコンという訳ではないけど、SEOだけで勝負するのは厳しくなっていくだろうなと考えています。

その理由を解説していきますね。

SNS検索、YouTube検索の増加

今すでにGoogleで検索する人が減り、SNSやユーチューブで検索する人が増えているという現状があります。

アレクサなどのスマートスピーカが一般家庭に普及したら

アレクサやグーグルフォームといったマイクとスピーカーがついている端末が一般家庭に普及したらどうなるでしょうか。

これらスマートスピーカーは質問したらその場で答えてくれるわけなので、SEO検索者の減少に繋がることが予測されます。

5Gの技術到来

5Gってなんじゃそりゃ!?と思われた人もいるかと思いますが、通信速度が爆速になる技術です。

これが可能になると、動画などの通信も瞬時に行えるようになるので、VRで現地の視察みたいなことも可能になるんです。

となると、海外移住したいなと考えている人がいたとして、従来ならSEO検索で自分が住みたい国の検索をしていたかと思いますが、5GとVRが発展するとネット検索ではなくVRをつけて現地の治安の確認などができるわけです。

コンテンツは今後も増え続ける

副業を始める人は今後もどんどん増えるだろうから、コンテンツの量は増えていきます。

また大手企業も沢山の参入してきているので、個人ブロガーはさらに厳しい戦いを強いられることが予測されます。

私自身、超大手の公式ライターをさせて頂いておりますが、大企業がメディアにかけてる予算とか予想してみて「ヤベェ」って思いました。

個人ブロガーがコツコツ記事を書いてて、勝てるフィールドじゃなくなる可能性は高いなと感じています。

SEOの椅子取り合戦は加熱することが予想される

先ほどの理由を踏まえて考えると、今後SEOの検索者が減るのに対して、コンテンツの量は増えていくことが予測されるので、SEOの椅子取り合戦は今後も厳しくなっていくんじゃないかなと考えられます。

ここまでの話をすると「やっぱりブログはオワコンなのか?」と思ってしまいがちですが、私はブログはオワコンとは思っていません。

なぜならブログはSNSやYouTubeと連携させることで、色んな可能性を持っているからです。

またメルマガやLINE@を活用するなど、集客の方法は色々あります。

SEOに関しても今「はい終了!」という訳ではなく、現時点では稼ぐことができます。

なので長期的に見た場合、個人戦をしているブロガーがSEOだけで勝負していくのは、はなかなか厳しい未来が待っているんじゃないかと考えていますが、ブログがオワコンというわけではありません。

2019年ブロガーが生き抜くためにすべきこと

2019年ブロガーはどういう動きをとるべきかというと、大事なことが2つあります。

それは

①ビジネスの基礎をしっかりと身に着ける

②個人ブランディングも並行して行っていく

というものが挙げられます。

ビジネスの基盤をしっかりと身に着ける

ブログで稼ぎたいのであれば、ビジネスの基礎知識をしっかりと身に着ける必要が出てきます。

「需要の有無を考えて、相手が求めているものを提示する。」

そのビジネスの基礎がないと、プロのアフィエイターが沢山のいる中で、個人が戦っていくことは厳しいかなと思います。

今までなら、好きなことを書き続けていたら、たまたま当たるということもあったかもしれませんが、ラッキーパンチの確率は減っていくと思うので、しっかりとビジネスの知識を身につけていきましょう。

ブロガーだからこそできる!個人ブランディング

ブロガーは自分を全面に出している分、ブロガーならではの戦い方ができます。

それが個人ブランディングです。

ブロガーはブログをブランド化させるのではなく、SNSなども活用しながら自分自身をブランド化していってほしいなと思ってます。

そうすると、時代の変化に対応できるブログ運営ができるようになります。

どういうことかというと、個人ブランディングがしっかりできていると、その時その時の時代に合わせて自分がプラトフォームを移動するだけでいいんです。

実際に、イケハヤさんやマナブさんが、YouTubeを開始してすぐにチャンネル登録者数を爆速に伸ばしているのは、やはり元々のブランディングがあるからです。

個人のブランディングがない人が、イケハヤさんをみて「YouTubeって簡単にみてもらえるんだ」と思ってYouTube参入しても絶対に同じようにはなりません。

このように個人ブランディングができていると、YouTube以外にも今後いろんなプラットフォームが出てきたとしても、その度に自分がそこに移動するだけでいいので、時代の流れによって廃れてしまうということを防ぐことができるんです。

なので仮に本当にブログオワコンの時代がきても、個人ブランディングが確立できている人は生き残ることができます。

そのためブロガーは自分のブランディングを意識したブログ運営もしていきましょう。

ただ、個人ブランディングは簡単なことではない

個人ブランディングすることは簡単なことではありません。

単に個性を出すだけではブランディングの確立はできず、ブランディングとはお客様から支持されるものでないといけないのです。

そのためには、自分の発信する「コンセプト」が重要になります。

サイトでも自分の商品でも全てにおいてそうなのですが、このコンセプトがズレているとブランディングすることは難しいです。

ではどういうコンセプトを作らないといけないのかというと、顧客の求めている未来の提示です。

よく「個性を出しましょう」とか「自分らしさを伝えましょう」と言われたりしますが、実はそれだけでは後々「ビジネス」としては繋がっていきにくいです。

世の中の需要をみて、その中で顧客が求めている未来を提示する。そこを踏まえた上で個性があるからブランドとなっていくわけです。

シャネルは、まさにこのコンセプトが明確になっています。

単に個性的でおしゃれな服を販売しているわけではありません。

シャネルのコンセプトは「女性の服の解放」です。

これまでの堅苦しいコルセットを外し、女子もパンツスタイルやジャージ素材の服を取り入れる。そして女性も社会進出していくんだという、女性の生き方を示したのです。

このコンセプトはいまだにブレることはありません。

シャネルが多くの女性に愛されている理由の本質にあるのは、このコンセプトです。

個人ブロガーも、自分をブランディングしたい場合は、単に個性を出すのではなく世の中にどういう情報を発信していくのかという一本の軸を持つことが重要になります。

それがファン化に繋がり、自分のブランディングになっていきます。

ブログで稼ぐ方法をメルマガで配信中!

 

↓メルマガ会員2000名突破!

↓アクセスが伸びる秘訣がこちら