在宅ワーク

    売れるブログで稼ぐための記事の書き方を徹底解説

    今日は稼ぐための、ブログの書き方についてお話していきたいと思います。

    ブログで稼ぐためには、単に好き勝手記事をかくだけではいけません。

    あなたの記事を必要としている人に読んでもらえるように工夫して、なおかつ読み手にとって読みやすい記事を書かなくてはいけないのです。

    ということで、ブログの書き方を手順に沿って説明していきますね!

    この記事を書いてるmintoのプロフィールを見る

    ブログで稼ぐにはキーワード選定をしよう

    記事を書く前に、「狙うキーワード」というものを選ばなくてはいけません。

    Twitterなどでも、よく「キーワード選定」という言葉を聞きますよね。

    このキーワードというのは、誰かが「○○について知りたいな」と思った時に検索するだろう言葉のことです。

    たとえば、あなたが「夏までに痩せたいな~。」と思っていた場合、どのような言葉を入力しますか?
    「短期間で痩せる方法」
    「ダイエット 夏まで」
    「夏までに痩せたい」
    というような言葉を入力するのではないでしょうか?
    このような言葉が「検索キーワード」です。

    グーグルのキーワードプランナーを使うと、実際にそのキーワードがどのくらいの回数検索されているのかが分かります。

    なのでこのキーワードプランナーを使って、どのようなキーワードで記事を書くのかを考えます。

    私は100~1000、1000~10000くらいのボリュームのキーワードを探すことが多いですね。

     

    👇「そもそもキーワードが見つからない!」という方はこちらの記事をご覧ください。

    ブログのネタがない?ライバルと差をつけるネタの見つけ方教えます!ブログを書こうと思っても、「何を書いたらいいか分からない」なんてことはありませんか? 「このことに関しては、私よりも詳しい人がいる...

    キーワードを決めたらリサーチをしよう

    狙うキーワードが決まったら、そのキーワードの上位の記事をリサーチしてみましょう。

    たとえばあなたが「料理 時短」というキーワードを狙う場合、実際に「料理 時短」というキーワードで検索してみてください。

    その時に1ページ目に表示されている記事をリサーチします。

    ・だれに向けて書かれているのか

    ・どんな内容のものが書かれているのか

    ・情報量はどのくらいなのか

    このようなことをリサーチした上で、あなたはこれらの記事よりも読者にとって役立つ記事を書くことを目指します。

    そして「料理 時短」というキーワードで1位表示を目指すんです。

    検索1位がとれたら、今後は「料理 時短」というキーワードで検索した人たちが勝手にあなたのブログを見てくれるようになるので、何もしなくてもアクセスは増えていきます。

    もし「料理 時短」というキーワードの記事に、調理キットなどのアフィリ広告を貼っておくと、アフィリ収入が発生する可能性を高めることができますよ。

    どんな記事を書くのか方向性を決めよう

    リサーチした後は、あなた自身がどのような記事に仕上げていくのか方向性を考えましょう。

    ・誰に向けて書くのか(ペルソナ設定)

    ・その人はどのような悩みを抱えているのか

    ・その人はどうなりたいと思っているのか

    などを書き出して、どのような記事に仕上げるのかを考えます。

    ペルソナ設定については【ペルソナ設定の極意】相手の心をつかんで離さないブログの作り方を参考にしてください。

    仮タイトルと見出しで記事構成を考えよう

    リサーチができたら、次に仮タイトルと見出しを作り、記事構成を考えましょう。
    仮タイトルは、今の段階では(仮)なので、難しく考えなくていいです。

    これから書く記事がどのような記事なのかを、狙うキーワードを入れた一文で表現してください。

    「料理 時短」でというキーワードで記事を書くなら「忙しいママでも簡単に作れる料理&時短テクニックの紹介」といった感じです。

    タイトルの中に「料理」と「時短」が入っていますよね。

    タイトルに狙うキーワードを入れることで、検索上位に表示されやすくなります。

    また「忙しいママでも簡単に作れる料理&時短テクニックの紹介」という一文なら、どのような記事なのかがわかりますよね。

    このようにして仮タイトルを作ります。

    そしてそのタイトルに沿って「見出し」を考えます。

    「見出し」は目次と一緒の意味で、どのような内容を書くのか大まかに書いていきます。

    たとえば、

    見出し2 「簡単料理5選」

    見出し3 「とりの一口照り焼き」

    見出し3 「ベーコンと白菜のクリーム煮」

    見出し3 「なすとソーセージの甘辛煮」

    ・・・

    見出し2 「時短テクニック」

    見出し3 「シリコンスチーマー」

    見出し3 「ワンプレートレシピ」

    ・・・

    という感じで骨組みを作ります。

    この時に見出し2と見出し3の抽象度は揃えましょう。

    見出し2の「簡単料理」と「時短テクニック」の中に「ベーコンと白菜のクリーム煮」が入ると「ベーコンと白菜のクリーム煮」が具体的すぎてバランスがおかしいですよね。

    見出しは抽象度が揃っていないと、読み手にとって理解しにくい記事になるので注意しましょう。

    また見出しを考える際は、見出しを流し読みするだけでも、どのような内容が書いているのかが分かるようにすると、読者にとって読みやすくなりますよ。

    導入文を書いてみよう

    仮タイトル、見出しといった記事の骨組みができたら導入文を考えてみましょう。

    導入文は非常に大切です。

    人はページを開いて、3秒でその記事を読むか読まないかを判断します。

    なので読者がページを開いて3秒以内に「私の知りたいことが書いていそう」と感じてもらうことが非常に重要なんです。

    なので導入では、

    ・どのようなテーマについて書いているのか

    ・自分の悩みを解決する方法は書いているのか

    ・この記事を読むことでどうなれるのか

    といったことを簡潔に書かなければいけません。

    そうすることで、読者がページを開いた時に「あ、この記事なら私の知りたいことが書いていそう」と思ってくれます。

    導入文は、読者を本文まで誘導する架け橋なので、読者が続きが読みたいと思ってしまうような魅力的な文章を意識しましょう。

    見出しごとに解説文を書いていこう

    導入文ができたら見出しごとに解説文をいれていきます。

    「料理 時短」の記事でいうと、見出し3にあるようなレシピやシリコンスチーマーなどの紹介になりますね。

    ブログって、何もないところから漠然と文章を書こうとすると、なにを書いたらいいかわからず手が止まってしまいますよね。

    そのような方も、見出しを先につくっておくと、あとはその見出しの中身の説明をするだけなので3000字書くことも苦痛ではなくなりますよ!

    キャッチーなタイトルを考えよう

    最後にキャッチーなタイトルを考えます。

    タイトルには必ず狙うキーワードを入れましょう。

    記事のタイトルというのは非常に重要で、検索結果が表示された時に同じページに並んでいる他の記事たちよりも、中身が気になるタイトルでないといけません。

    「時短料理の紹介」というタイトルと「忙しいママでも簡単!10分でできる時短料理10選」というタイトルを比べた場合、どちらの記事の方が読んでみようと思うでしょうか?

    おそらく多くの方が、後者の「忙しいママでも簡単!10分でできる時短料理10選」を選ぶと思います。

    検索結果では10記事程度が、同じページに表示されます。

    なので他の10記事に負けないくらい、読者の興味をそそるタイトルを考えていきましょう。

     

    相手の購買意欲を掻き立てるライティングテクニックを一部ご紹介

    顧客心理を意識することで、相手の購買意欲を引き出すライティングが出来るようになります。

    その方法について解説していきますね!

    「私と一緒だ」という共感

    人間は類似性といって、自分と似た人の真似をする習性があります。

    たとえば、生まれながらにスタイル抜群の人が、「このダイエット法で痩せました!」というよりも、もともと太っている人がきれいになって「このダイエット法で痩せました!」と紹介した方がもともと太っている人の興味を引くことができるんです。

    読者に、紹介している商品に興味をもってもらうためには「私と同じ悩みを抱えていた人が、これを使って解決したんだ」と感じてもらうことが大切になります。

    「この人がいっているなら」という権威性

    人には「権威性」のある人の言葉を無条件に信じてしまうという習性があります。

    「医師監修」と書いていると、その一言だけでこの情報が一番正しい情報なんだと思ってしまいますよね。

    また「○○大学の研究によると~」などと研究結果と一緒に解説すると、説得力も格段にあがります。

    なにかを解説する際は「権威性」を効果的に使っていきましょう。

    「みんなが使っているんだ」という社会的証明

    社会的証明といって、「みんなが買っている」「みんながやっている」というものに、人は安心感を覚えます。

    ドラッグストアに行くと、「累計1000万本突破!」とか「リピーター率89%!」というポップをよく見かけますよね。

    誰だって買い物で失敗したくないので、どの商品を買うか悩んだ時は、このようなポップを見ながら判断してしまうんです。

    あなたも実際に「この商品は人気のようだから買ってみよう」という判断をしたことがあると思います。

    体験談として載せたり、「お客様の声」として載せたりして、読者の方に安心してもらえるうようにしましょう。

    「急がなきゃ!」と思わせる希少性

    人は希少性のあるものに対して「手に入れたい!」という欲求を抱きます。

    「数量限定」「期間限定」といいながら、毎日のように放送しているテレビショッピングは、この希少性による購買意欲を引き出そうとしているのです。

    「このお肉は一頭の牛からたった100gしかとれない希少部位なんです」「このお店は3か月先まで予約で埋まっています」というような説明を聞くと、ものすごく食べてみたくなりますよね?

    これらも希少性によって、引き出された購買意欲です。

    相手の「欲しい」という気持ちを引き出すためにも、希少性をアピールしていきましょう。

     

    【無料】LINEでライティングを学ぼう!

    (1秒で登録完了!)

     

    LINE登録者限定で10本のライティングセミナー動画(計2時間以上)を無料でプレゼントしています。

    🌸セミナー動画の内容🌸

    【初心者向け】ライティングの超基本の部分を分かりやすく解説!(15分47秒)

    ライティングの基礎の部分について解説しています。初心者の方が、読みやすい文章、読まれる文章を書けるようになるための内容となっています。

     

    【悪魔のセールスレター】人間の認知バイアス(思い込み)を利用する方法(11分12秒)

    「オススメです」と書くだけでは売れません。売るためには、人間の思考回路を踏まえた上で、順序立てて商品を紹介していく必要があるのです。その方法について解説します。

     

    【論理崩壊!?】読まれない文章の特徴!読まれるブログを作ろう!(15分06秒)

    初心者の人あるあるなのが、「そもそも文章がなりたっていない」という状況です。その場合、どんなに心を込めて文章書いても、相手に読まれることはありません。初心者の方に多いミスをもとに文章の書き方について解説します。

     

    【ライティング講座】西野カナに学ぶ共感される文章の書き方(9分17秒)

    文章を書く上で大事なのが「共感」です。どんなに正しい情報を書いても、「共感」されなければ相手の心を掴むことはありません。西野カナさんの歌詞を例に、共感される文章の書き方について解説します。

     

    バカ売れ必至だけど使ったらいけないNGワード【セールスライティング】(14分01秒)

    非常に大きな反応がとれますが、「炎上」「トラブル」といった副作用が大きなNGワードについて解説しています。初心者の方の場合、「反応がとれる=正解!」と思ってしまい勝ちですが、炎上は避けたい!という方は、このNGワードについて知識をつけておきましょう。

     

    【初心者必見!】クリックされるブログタイトルのつけ方(16分20秒)

    ブログのタイトルをミスると、どんなにいい内容を書いていても読まれません。これはメルマガや自己商品のネーミングも一緒です。相手が気になってしまうタイトルに付け方について解説します。

     

    紹介している商品が売れない。。。見直すべき5つのポイント(8分54秒)

    「こんなに良い商品なのに!・・・なぜか売れない」そんな時に見直すべきポイントについて解説しています。

     

    【ライティング講座】分かりやすい説明をする10のポイント(10分23秒)

    「説明がわかりやすい」というのは、文章を書く上で絶対条件となります。相手が「なるほど!」と言ってくれる文章の書き方について解説しています。

     

    【売れるキャッチコピー講座】売れない人の共通点は欲張りすぎです。(13分05秒)

    第一印象で、相手の心を掴むためのキャッチコピーの作り方について解説しています。売れない人は、このキャッチコピーをつくる時点でミスっていることが多いです。

     

    【文章の書き方】アホにも伝わるやさしい伝え方(12分54秒)

    たとえ相手の読解力が悪くても「わかりました」「ふむふむ」と理解してもらえる伝え方について解説しています。ネットビジネスだけではなく、私生活にも活用できますよ!

     

    無料で動画セミナーを受け取るなら

    (1秒で登録完了!)

     

    minto
    minto

    登録がうまくいかない時は「@687xofvf」で検索してくださいませ!

    その時にアットマークも忘れずにお願いします!

    QRコードでも

    友だち追加できます!

    👇

     

     

    無料!3倍売れる文章の書き方講座
    今すぐ詳細をみる
    3倍売れる文章の書き方講座
    今すぐ詳細をみる