「何をしたらいいか分かりません」

    こんにちは!mintoです。

    ありがたいことに、私の電子書籍「「超」初心者が在宅ワークに興味をもったら読む本」がキンドルの「女性と仕事」というカテゴリでランキング1位になりました^_^

    ありがとうございます!

    そして、今回の出版に伴う無料キャンペーンにあわせて、メルマガ、LINE内で相談にのります企画もしてたんですが、そちらも多くの方にご参加いただきありがとうございました!!

    本日、みなさんへのメールも返信できたのですが、もし万が一、「私返ってきてない!」という方がおられましたら教えて欲しいです(汗)

    決して「こいつ、なんだよ!」みたいな理由で返信しないということはありませんので!

    すごい量のメールを短期間中に頂いたので、たぶん埋もれちゃってるかと思います(汗汗)

    相談にのった方からは

    「自分ではできていると思い込んでいましたが、
    実際に今回アドバイスいただいて、
    「全然提示できていないじゃん!」とはっとさせられました。」

    「mintoさんの言葉でピンときたのは「企画力」でした!」

    「たくさんのアドバイスありがとうございました!!!!
    まさかこんなに返信いただけると思わず、感激しました。
    お忙しいのにありがとうございます。」

    「こんなに、大量のアドバイスをもらえて嬉しすぎます。ありがとうございます( ;∀;)
    分析して頂いてありがとうございます。
    心に響くアドバイスでした。]

    といったお返事を頂いています。

    こちらこそ、ありがとうございました^_^

    その中で多かった悩みが「ジャンル選びで悩んでます」「何を書いたらいいか分からず迷走してます」「私にできるものがあるのか?と思ってます」というものでした。

    先日、ちよ子さんというインフルエンサーが運営するオンラインサロン「 ついラボ」で、ラジオに出させて頂いたんですが、そこでも「何を発信したらいいか分からない」という方が多い印象がありました。

    これって、決して珍しいことではなく、「私はこれがやりたいんだ!」と決まってる人より、「私は何をしたらいいのか分からない」っていう人の方が圧倒的に多いです。

    これに関して先日読んだ本で、人は4つの種類に分類されると書かれてました。

    ビジネスをするきっかけとして

    ・「世の中のために」という使命感で動く人

    ・「これが好きだから」と趣味を仕事にする人

    ・「勉強になるなら」という理由で参入する人

    ・「何をしたらいいか分からない」という人

    の4つのタイプに分かれてて、

    「何をしたらいいかわからない」という人以外は、自分のやるべきことに集中してまっすぐ走れるけど、これができる人の方が少数派で、多くの人が「何をしたらいいかわからない」で悩んでいるとのことでした。

    そして、すでにやるべきことが決まってる人にとっては、「何をしたらいいかわからない」という人の気持ちって、分からない部分だと思います。

    また「何をしたらいいかわからない」で悩んでいる人から見ると、すでにやるべきことが決まって活躍している人を見たら、焦るし、羨ましいし、「自分もそうならなくちゃ」と思ってしまうけど、ここで無理に何者かになろうとしてもうまくいくものではないとも書かれてました。

    んじゃ、「何をしたらいいか分からない」という人はどうしたらいいのかというと、自分がどのタイプなのか、自分は何が合っているのかが分かるまで、試行錯誤するしか道はないと書かれてました。

    「具体的な解決策ないんかーーーーい!」って思われたかもしれませんが、ただそのとおりでしかなくて、何をしたらいいか分からない時もとりあえず手をとめずに、気になったことをやってみることが大事なんですよね。

    実際にやってみないと自分の向き不向きなんてわからないです。

    中には、「ブログを書いてみたけど、どうしても長文が書けないんです。」って人もいるんですけど、そういう人は実際にブログを開設してはじめて「あ、私長文かけないやん」って気付けるわけです。

    逆に「SNSなんて絶対にいや!」と思ってたけど、やってみると楽しいじゃん!ってなることもあります。

    ジャンルだって、自分には子育て系しか書けないと思ってたとしても、思い切って美容系に変えたらうまくいくとかもよくある話です

    仕事でも、Aという部署では「できない」と言われてたけど、異動した途端に頭角をあらわす人っていますよね。

    それと一緒です。

    パンツスーツが似合うかどうかって、実際に着てみないことには分からないわけで、着る前から「私に似合う服がないんです」と言ってても何も解決しません。

    とにかく色んな服を着てる方が、自分にしっくりくる服を見つける可能性があがります。

    このように実際にやってみないことには、自分にとっての向き不向きって分からないので、迷う期間は決して恥ずかしいことでもないし、時間がかかってるからダメというものでもありません。

    もっといえば人と比較するものでもないです。

    私としては、成果がでるまでに時間がかかるとか、どれだけ早く成果を出せるとかだけで、その人のセンスは測れないと思ってます。

    自分に合う洋服を1発で見つけられるか、100着目に見つけられるかってセンスじゃなくて運要素の方が大きいですし。

    それよりは「諦めずに行動を続けることができる」ことが大事で、試行錯誤してたら、どこかのタイミングで「ピコーン!」ってなるものです。

    これまで、ずっと迷走してたけど、どこかのタイミングでパッと表情や発言が変わって、そこからグイーンと駆け上ったという人を何度か見てきました。

    誰しも、こういうスイッチが入る瞬間って、絶対にくるんですよね

    やるべきことが決まらないときって、自信をなくすし焦るけど、迷走は恥ずかしいことではなく、試行錯誤の1つの過程と思ってもらえたらなぁと思います。

    私が運営しているオンラインサロンでは、自分は何をしたらいいかわからないという方が、自分にあう方法を見つけるための相談にのってるので、

    ・一人で進むのは不安。

    ・周りをみて焦ってる。

    ・気軽に相談できる場所がほしい。

    という方には活用していただけるかなと思います。

    あと、今回の相談企画にのらせていただいたような内容もサロン内で対応してるので、もし今後行き詰まることがあれば、サロンにもお越しくださいね^_^

    >>サロンの詳細をみてみる

    ~追伸~

    サロンに参加していただくと、マーケティングの基礎を解説した50分のセミナー動画と、ライティングやコンセプトマーケティングを解説した35本の動画を特典プレゼントしています。(特典は他にもまだあるよ!)

    月額2980円。1日たった100円で学べるサロンになってて、特典だけでも2980円以上の学びは得てもらえるはず!

    いつでも退会できるので、体験がてら気軽にお越しくださいね^_^

    >>特典の詳細をみてみる

    無料!3倍売れる文章の書き方講座
    今すぐ詳細をみる
    3倍売れる文章の書き方講座
    今すぐ詳細をみる