【LINE講座】読まれる文章、読まれない文章のちがい。

     「なんであの人の発信は注目されるのに、私の発信は見てもらえないんだろう?」と思ったことはありませんか?

    とくに「インフルエンサーの真似をしてるのに、全然思い通りにいかない」という人は多いのではないでしょうか?

    それもそのはず、なぜなら自分の話を聞いてもらいたいなら、インフルエンサーの真似をしてはいけないからです。

    どういう意味か説明していきますね。

    この意味を理解できたら、明日からの発信スタイルを変えていけると思いますよ^_^

    あなたの話が聞いてもらえない理由

    なぜあなたの話を聞いてもらえないのかというと、「アリストテレスの説得の3原則」という法則があるからです。

    発信を仕事にしていくなら、まずはこの「アリストテレスの説得の3原則」を理解しておく必要があります。

    アリストテレスの3原則で言われていることは、相手に自分の話を聞いてもらうためには

    ・論理

    ・感情

    ・人柄

    この3つの条件をクリアしなくてはいけないというものです。

    もっとくわしく解説していきますね。

    まず論理というのは、あなたの話が論理的に理解できるものかどうか?というものです。

    仮にあなたが「仕事ができないヤツなんて、リストラ対象になって当然だ!」という持論をもっていたとします。

    では、この論理は相手に理解してもらえるでしょうか?

    もしかすると「私もそう思う!」という人もいれば、「状況によるかな〜。」という人もいるかもしれません。

    でも、それ以上に「そんな言い方する人って嫌だわ〜」と思う人がほとんどではないでしょうか。

    そうです。

    相手に自分の話を聞いてもらうためには、あなたが正論をいってるかどうかよりも大事なことがあるんです。

    それが「感情」と「人柄」です。

    まず「感情」は、相手の心理状態がどういう状態かによって、同じ話をしても受け止め方が大きく変わるというもの。

    今、まさに反抗的な態度を取る部下に手をやいてる上司がいたとして、「ほんとうにアイツの指導はどうしたらいいんだ・・・」と頭を抱えているタイミングで「仕事ができないヤツなんて、リストラ対象になって当然だ!」という情報が入ってくれば「俺の気持ちを代弁してくれて清々しい」「よくぞいってくれた!」と思うとおもいます。

    それに対して、パワハラ上司から「お前なんて辞めてまえ!クズ!」と言われてる人が、「仕事ができないヤツなんて、リストラ対象になって当然だ!」という発信をみたら「お前みたいな上司がいるから、後輩が育たねーんだろ!」と思ってしまうわけです。

    このように、相手が「今」どういう感情なのかによって、同じ発言でも聞いてもらえるかどうかが違ってきます。

    政治に対する怒りの発信がバズりやすいのも、国民みんなが政治家の不祥事に不満を抱えているからです。

    だから一斉に「そーだ!そーだ!」となるのです。

    そしてもう一つ大事なのが発信する人の「人柄」です。

    この人柄によって、相手の受け止め方は大きく変わります。

    これは普段の信用度の問題にもなってくるのですが、支持率が高い総理大臣が「国民全員に一律10万円配ります」というのと、支持率が超低迷してる総理大臣が「国民全員に一律10万円配ります」というのとでは、国民の反応は真逆にわかれると思います。

    人気のあるリーダーの場合「さすがです!」と絶賛されるのに対し、信用されてないリーダーの場合は「バラマキ!税金の無駄遣い!」と避難されるでしょう。

    このように、まったく同じ発言でも「人柄」によって、相手の反応は大きく変わります。

    インフルエンサーがどんな発言をしても反応がとれるのは、「共感」と「人柄」の壁をすでにクリアしているからです。

    そして、インフルエンサーの真似をしても、反応がとれないのは、あなたはまだ「感情」と「人柄」の壁を超えれてないからなんです。

    では、どうすればいいのか?

    「感情」と「人柄」の壁を超えるにはどうすればいいのでしょうか?

    この壁を超えるためには、スタート地点の自分は「となりのおじさん」と思う必要があります。

    もうすでにファンがいるアイドルが「今日は、マカロンを作ったよ〜」っていったらファンが喜んで「いいね」をします。

    これは、このアイドルの「日常」に需要があるからです。

    では、となりに住んでるおじさんが「今日は、マカロン作ったよ〜」といったとして、だれが聞きたいと思うでしょうか?

    よほどのモノ好きじゃない限り、だれも興味をもたないと思います。

    では、ここでどういう状況になったら、おじさんの話に興味をもつようになるか考えてみましょう。

    となりのおじさんと、世間話をする関係であればどうでしょう?

    あなたも「おじちゃーん!おはよー!」といって、そのおじさんを好意的に思っていたとします。

    そんなおじさんが「今日はマカロン食べようと思って、マカロン作ってみたわ!」と言ってきたら、どうでしょうか?

    きっと「おっちゃん、マカロンとか似合わなさすぎ!」「そんなこと言うなや〜」とかって会話ももりあがるでしょう。

    これは、おじさんを好意的に思っていることで、おじさんの話に耳を傾ける姿勢ができているからです。

    では、もう一歩踏み込んで、どうすればおじさんの話を「もっと教えて!」ってなるでしょうか。

    もしおじさんから「おっちゃん、実はリッツカールトンでパティシエしてるんや」と言われたら?

    「・・・・えーーーーーーー!?Σ(゚Д゚)」

    ってなりますよね。

    「似合わないなんて言ってごめんなさい💦」

    「むっちゃすごい人やったんや・・・(゚A゚;)ゴクリ」

    と思うし、そのおじさんが作ったマカロンを食べてみたくなりますよね。

    相手に自分の話を聞いてもらいたければ、「自分は何者なのか」をしっかりと提示しておかなくてはいけません。

    ここの「自分は何者か?」が明確になってなかったり、権威性につながる資格をもってるのに、その資格を隠してたりするケースが多いです。

    どんなに良いこと、正しいことをいっても、「感情」と「人柄」の壁をこえていなければ、相手に話を聞いてもらうことは困難です。

    なので、自分の発信をきいてもらうためにも

    ・どういう感情の人に訴えるのか。ターゲットはどういう感情を抱えているのか。を洗い出し、

    ・どういう角度で自分を見せると、相手は自分を信用してくれる、親近感をもってくれるのか?を考えてみましょう!

    今日のポイント

    人に話を聞いてもらうためには、「論理」「感情」「人柄」の壁を超える必要があります。

    そしてインフルエンサーは、すでに「感情」と「人柄」の壁を超えているのに対し、これからはじめる人はまだ「感情」と「人柄」の壁を超えていません。

    なので、インフルエンサーの発信を真似するのではなく、まずは「感情」と「人柄」の壁を超えるための施策を取り入れていきましょう。

    そのためにも

    ・どういう感情の人に訴えるのか。ターゲットはどういう感情を抱えているのか。を洗い出す。

    ・どういう角度で自分を見せると、相手は自分を信用してくれる、親近感をもってくれるのか?を考えてみる。

    まずは、ここを書き出してみてくださいね!

    明日のLINEでは、「顧客が求めているものを間違えるな」というお話です。

    ↓この答えを明日、解説しますね^_^

     

    minto
    minto
    お楽しみに!