未分類

モバオクとメルカリを徹底比較!手数料・匿名配送・人気度は?転売ヤーにも聞いてみた!

 

・モバオクとメルカリってどっちが良いのかな?

・どちらが自分に合っているんだろう?

・どっちの方が稼げるのかな?

・セキュリティー面で安心なのはどちら?

 

このように、モバオクとメルカリのどちらを利用した方が良いか迷っていませんか?

ここでは、モバオクとメルカリそれぞれの特徴やメリットデメリットを分かりやすく比較し、まとめています。

これを読めば、あなたがモバオクとメルカリのどちらを使うべきか?どちらを利用すればより稼ぐことができるか?

ということが分かりますよ。

よりあなたに合った方を利用できるように、一緒に考えていきましょう。

 

手数料がゼロなのはモバオク!▶︎モバオクの登録はこちら

匿名配送ができるのはメルカリ!▶︎ メルカリの登録はこちら

モバオクの特徴は手数料がゼロ!

はじめに、モバオクとメルカリはどんなところが違うの?

ということを分かりやすく解説します。

まずはモバオクの特徴をまとめてみました。

 

手数料がゼロ!▶︎モバオクの登録はこちら

オークション形式

まず、モバオクの特徴として、「オークション形式」であることが挙げられます。

オークションとは、決められた期間の中で購入希望者が入札をして、最高額入札者または権利者となった人が落札(購入)できるシステムです。

そのため、自分がはじめに設定した価格よりも高値で売れることもあるんです。

早い者勝ちですぐに購入できる「フリマ形式」とは違った方法になっています。

販売手数料0円

また、モバオクは「販売手数料が無料」というのがもう一つの大きな特徴です。

他のアプリでは、販売時に手数料が引かれるところもあります。例えばラクマでは3.5%メルカリでは10%もの販売手数料がかかってきます。

それがモバオクでは無料というのは大きな違いですよね。

モバオクの配送方法は「モバペイ」か代引き

モバオクの配送費については、出品者が配送料を出品者負担にするか落札者負担にするかを選択し、対応可能な発送方法を登録します。

ちなみに、出品者負担を選んだ場合の取り引きは「モバペイ」のみとなります。

出品者負担を選択すると、出品アイテムに「送料無料」のアイコンが表示されて目立つので売れやすくなりますよ。

またモバオクの配送方法は、「モバペイ」か代引きのどちらかになります。

(「モバペイ」とは、お金のやり取りを代行会社の(株)ペイジェントが取り持ってくれることで安全に取引できるサービスです。)

モバペイ、代引きどちらの場合も手数料がかかります。

手数料は、モバペイの場合99円〜、代引きの場合は「送料+代引手数料(代金引換料260円+送金手数料)」になり、落札者が費用を負担します。

 

ここにボックスタイトルを入力

・らくらく定額便(ゆうパケット180円、ゆうパック600円〜)

・ゆうパック(800円〜)

・普通郵便(82円〜)

・書留付き普通郵便(基本料金+310円〜)

・ヤマト宅急便(907円〜)

・佐川急便(宅配便、740円〜)

ここに本文を入力

 

手数料がゼロ!▶︎モバオクの登録はこちら

メルカリの特徴は匿名配送とユーザーが多い!

では次に、メルカリの特徴を説明しますね。

フリマ形式

メルカリは、モバオクと違って「フリマ形式」のサイトです。

他の購入希望者と値段を競うことなく、出品者の指定した値段で、希望した人がすぐに購入できるのが特徴です。

また値引き交渉なども盛んに行われています。

利用者数が多い

メルカリは他のフリマアプリと比べて利用者数が多いというのが大きな特徴です。

アプリダウンロード数なんと8000万。

利用者が多いのでそれだけ出品数も豊富で、売買も活発に行われています。

匿名配送など配送方法が豊富に選べる

メルカリでは数多くの配送方法から選ぶことができます。

 

ここにボックスタイトルを入力

★の配送方法では「匿名配送」を選べます。

匿名配送ができるのは、モバオクにはないメルカリの魅力です。

・らくらくメルカリ便★

(ネコポス195円、宅急便コンパクト380円、宅急便700円〜)

・ゆうゆうメルカリ便★

(ゆうパケット175円、ゆうパック700円〜)

・大型らくらくメルカリ便(4320円〜)

・未定

・ゆうメール(180円〜)

・レターパック(レターパックプラス510円、レターパックライト360円)

・普通郵便(定型・定形外、82円〜)

・クロネコヤマト(907円〜)

・ゆうパック(800円〜)

・クリックポスト(185円)

・ゆうパケット(250円〜)

 

送料に関しては、出品する際に「送料込み(出品者負担)」か「着払い(購入者負担)」かのどちらかを選択します。

送料込みで出品する方が、買い手にとってお得感が出るので売れやすくなります。

ただ、送料込みの場合、購入者の住所によって送料が大きく変わってくるので注意が必要です。

 

minto
minto
私は送料込みにしたら、想像以上に送料がかかり赤字になったことがあります。

 

メルカリでは、送料と販売手数料が引かれることを考慮して商品の価格を決めるようにしましょう。

 

匿名配送ができるのはメルカリ!▶︎ メルカリの無料登録はこちら

モバオクとメルカリの違いを比較

「モバオクとメルカリって結局どこが違うの?」ということが一目で分かるようにまとめてみました。

こちらの表をご覧ください。

モバオクメルカリ
販売方式オークション形式フリマ形式
利用者数350万ダウンロード8000万ダウンロード
月額利用料324円(税込)0円
販売手数料0円10%
匿名配送なしあり
振込手数料0円200円(お急ぎ振込400円)

 

こうして比較してみると、モバオクとメルカリがわりと対照的な2サイトであるということが分かりますね。

モバオクとメルカリの違いについて、さらに詳しく解説していきます。

販売手数料の違い

冒頭の「モバオクの特徴」でもお話しましたが、モバオクは販売手数料が無料です。

これは他のフリマアプリと比較してもかなりお得です。

それに対してメルカリの場合は手数料10%かかります。

10000円の商品が売れた場合、モバオクでは10000円の儲けが出るのに対して、メルカリでは9000円の儲けしか出ないことになってしまいます。

また、モバオクは振込手数料も無料なので、利益のほとんどを受け取ることができます。

それに対してメルカリは振込手数料200円(お急ぎ振込400円)かかるため、利益から何かと手数料が引かれてしまいます。

モバオクは1ヶ月300円の会費が必要ですが、たくさん商品を出品する場合は利益を出しやすいです。

 

手数料がゼロ!▶︎モバオクの登録はこちら

出品価格より値段が上がるか下がるか

モバオクはオークション形式のサイトなので、購入希望者が複数いた場合、値段を競い合うために価格が上がることがあります。

メルカリなどのフリマアプリでは、値下げが行われることはよくあるんですが、値段が上がることはほぼありません。

なので、出品価格よりも値段が上がることがあるというのはモバオクの大きなメリットですね。

ただ、値下げに関しては交渉術を身につけておくと、相手に満足してもらいつつ、あなたも理想の金額で販売するという交渉が可能になりますよ。

どのように交渉するのかというと、まず価格設定をはじめから高めに設定しておきます。

そしてコメントに「価格交渉に対応します」と書いておくと、おそらく価格交渉のメッセージが届くことでしょう。

ここからが交渉術の始まります。

まず、あなたは3000円を最終的な販売ゴールとした場合、価格設定を4500円くらいにしておきます。

そしたら相手から「3000円にしてくれませんか?」などと連絡がくると思うので、

「う〜ん、3000円はちょっと・・・。3800円はどうでしょう?」と返します。

それでも相手がその商品を欲しいと思ってくれている場合、「じゃぁ3500円はどうですか?」と聞いてくると思うので、ここで「じゃぁ3500円で!」と同意します。

このような交渉をすると、あなたは3000円を最終ゴールにしてたのに、実際は3500円で売れたからあなたの交渉は成功ということになります。

反対に買い手からすると、「3000円で買いたい」と言い出したものを3500円で購入することになったので、交渉という意味では本来なら失敗のはずです。

しかし、相手からすると「4500円のものを3500円まで値下げしてもらえた」という満足度の方が高くなるので喜んでもらいやすいのです。

これを心理学で「譲渡の返報性」というのですが、このような交渉術を身につけていくとメルカリでも自分の希望の価格で販売することができます。

匿名配送ができるかできないか

モバオクでは、匿名配送をすることができません。

そのため、「商品の売買をするときに住所や名前などを相手に知られたくない」、「個人情報を出したくない」という人にはあまり向いていません。

 

minto
minto
セキュリティ面が心配な人はメルカリがいいですね!

 

1分で完了!→メルカリの無料登録はこちら

出品者数の違い

先ほどのメルカリとモバオクの比較の表でも記載しましたが、メルカリのダウンロード数が8000万なのに対して、モバオクのダウンロード数は350万ダウンロードと大きな差があります。

利用者数が少ないということは購入者も少ないということなので、モバオクの場合は出品した商品がすぐには売れにくい傾向があります。

やはりメルカリのように利用者数が多いアプリの方が、より売れるスピードが早いし、商品が売れる可能性自体も高くなります。

 

minto
minto
転売をしている知人も、ユーザ数の多いメルカリの方が売りやすいと言ってました。

 

1分で完了!→メルカリの無料登録はこちら

モバオクはこんな時にオススメ!

ここまでモバオクとメルカリの比較してきましたが、では一体どんな場合にモバオクを利用したら良いのか?ということについて解説します。

高い値段で売りたいとき

少しでも利益を大きく出したい時は、モバオクを利用しましょう。

フリマ形式で値下げ交渉の多いメルカリよりも、オークション形式で値上げもあり得るモバオクの方が、高値で売れる可能性があります。

しかも、モバオクでは10000円で売れたら10000円の利益ですが、メルカリでは10%の手数料が引かれた9000円の利益にしかなりません。

なので、高値で売りたいときにはモバオクを選びましょう。

短期間でたくさん売りたいとき

短期間でたくさんの商品を売りたいときも、モバオクを利用した方がお得になります。

メルカリでたくさん売ると、商品ごとに10%の手数料を取られてしまいますよね。

その点、モバオクは販売手数料が0円なのでたくさん売っても手数料がとられるということがありません。

例えば、モバオクで5000円の商品を10個売ったら50000円の利益ですが、メルカリでは45000円になります。

ただ、モバオクでは月額利用料がかかるので、長期に渡って少しずつ売るという方法ではなく、短期間でたくさん売る方がお得です。

例えばあなたに20個売りたいものがある場合、12ヶ月かけて少量ずつ売るのではなく、1ヶ月で20個売ってしまうという売り方です。

そうすると、販売にかかる費用を300円のみに抑えることができますよ。

モバオクの利用方法

モバオクを利用するためには、まずアプリをインストールして、会員登録をしましょう。

会員登録の手順は次の通りです。

・「モバオク会員規約」への同意

・ユーザー情報の入力

・支払い方法の選択(各携帯電話会社の決済サービスまたはクレジットカード払い)←この手続きで、月額使用料(300円税別)の支払いが確定します。

有料登録完了後、あなたのメールアドレス宛に認証メールが送信されますので、届いたメール本文に記載のURLにアクセスして、パスワード・生年月日を入力し送信してください。

これで会員登録が完了です。

ここまでできたら、出品や入札などオークションに必要なすべての機能が利用できるようになります。

モバオクのメリットデメリット評判まとめ!高値で売れる裏技を解説します【2019年版】モバオクを利用してみたいけど、評判はどうかな? モバオクで高値で商品を売って利益を上げるにはどうしたら良いのかな? そんな疑...

メルカリはこんな時にオススメ!

では、次はメルカリを利用した方がいいケースについて解説していきますね!

利益よりプライバシーを守りたい人

名前や住所を知られるということに、抵抗感を持っている人も多いことでしょう。

そのような人はメルカリの匿名配送を選びましょう。

 

minto
minto
ちなみに私も、プライバシーを気にする派なのでメルカリを使っています。

 

すぐに売りたいとき

商品をとにかく早く売りたい!というときはメルカリの利用が向いています。

メルカリの利点は何といっても、利用者が多く、商品が売れやすいこと。

常に多くの人がアプリを利用しているので、あなたの商品を欲しい!と思う人が早く現れやすいんです。

なので、「とにかく早く!」というときはメルカリがオススメ。

値下げ交渉に応じることで、さらに早く売れやすくなりますよ。

 

1分で登録完了▶︎メルカリの無料登録はこちら

メルカリを利用する方法

メルカリを利用する場合も、まずはアプリをインストールしましょう。

メルカリは入会費・年会費が無料なので、始めるにあたってのお金は不要です。

インストールが完了したら、アプリを開いて会員登録をしていきましょう。

はじめにログイン方法を、

・Facebookアカウント

・Googleアカウント

・メールアドレス

の中から選択します。

登録する内容は、

・プロフィール

・住所

・支払い方法

・メールアドレス

・パスワード

・性別

・本人情報

・電話番号の確認

になります。

ここまで登録すれば、メルカリの利用を始めることができますよ。
▶︎メルカリで出品してみるならこちら

モバオクとメルカリを徹底比較!私はメルカリ派!

モバオクとメルカリの違いや、それぞれのメリットデメリットがお分かりいただけたでしょうか?

それぞれにメリット、デメリットはあるのですが、私のイチオシは「メルカリ」です。

やはり、匿名配送ができるのがメルカリの大きなメリットですね。

また、メルカリは利用者の数が圧倒的に多いので売れるまでのスピードも早いです。

ということで「モバオクとメルカリを徹底比較!どっちが良い?メリットデメリットまとめ」のお話でした!

 

私のオススメ!▶︎メルカリの無料登録はこちら

手数料がゼロ!▶︎モバオクの登録はこちら

 

↓メルマガ会員2000名突破!

↓アクセスが伸びる秘訣がこちら