ブログをつくる

【ペルソナ設定の極意】相手の心をつかんで離さないブログの作り方

「こんなブログにしようかな~」というイメージができたら、記事を書く前に一度ペルソナ設定をしておきましょう。

稼げるブログと稼げないブログの明確な違いは、「伝えたい相手」が明確かどうかという点です。

ブログで稼げない人ほど、多くの人を取り込もうとして「みんな」に向けて記事を書こうとします。

しかし、ここに落とし穴があります。

実はブログで稼いでいる人ほど【たった一人のだれかに】に向けて記事を書いているんです。

また、世の中にあるヒット商品の多くも、【たった一人に向けて作られた商品】がほとんどなんです。

ではなぜ、たった一人に向けて書く必要があるのか?

ここではブログで稼ぐために欠かせない「ペルソナ設定」についてお話しますね!

そもそもペルソナって何?

まずは、そもそも「ペルソナって何?」という説明からしていきますね。

ブログの書き方などを調べていると、よく「ペルソナを作りましょう」と書いてありますよね。

この「ペルソナ」というのは、あなたのブログを読んでいる理想の読者像のことを指しています。

たとえば、資産運用に関するブログを書いているなら、読み手は資産運用に興味を持っている人だということが想定できます。

「資産運用なんて怪しいものやりたくないよ」という人に読んで欲しいとは思わないですよね。

このように、あなたのブログを読んで欲しい読者像こそが「ペルソナ」です。

ペルソナ設定をすべき5つの理由

では、なぜ「ペルソナ」を設定しないといけないのか。についてお話していきますね。

伝えたいことが明確になる

ペルソナが明確なブログになると、伝えたいことが明確になります。

よく「ブログでなに書いたらいいか分からない」という人がいますが、それは伝えたい相手が明確でないからです。

ペルソナを明確にしていれば、自然と話題がでてきます。

たとえば婚活中の女性をペルソナにした場合、婚活中の女性が知りたいであろう情報を記事にしていったらいいのです。

・男性に好かれる仕草は?

・男性が結婚したい女性のタイプは?

・男性受けするファッションは?

・出会いがない時はどうしたらいい?

・マッチングアプリは安全なの?

・モテ女と自分は何が違うの?

などなど、沢山出てきますよね。

このように誰に伝えたいかが明確になると、その伝えたい相手が欲しいであろう情報を記事にしていけばいいので、ネタも考えやすいんです。

ブログで伝えたいことがぶれない

ペルソナが明確だとブログ内で伝えたいことがぶれなくなります。

誰に向けて書いているのかが明確になっていないと、記事によって言っていることにも一貫性がなくなり、読み手からすると全然説得力のないブログになってしまうんですね。

たとえば夫婦関係に関するブログを書いている時に、ペルソナを「旦那に不満を持っている妻」と設定していれば、妻目線の記事を書いていくことができます。

すると妻の悩みに寄り添った言葉を選ぶことができますよね。

しかしペルソナが明確でないままに、夫婦関係のブログを書いたらどうなるでしょうか。

一方では「旦那さんにもたまには家事を手伝ってほしいですよね」と妻の味方をしているのに、もう一方では「いつも仕事で疲れているのに、土日くらいゆっくりしたいですよね」と旦那さん目線の記事が紛れてしまう。

なんてことが起きるんです。

もっとひどい場合は1つの記事内でも、妻の味方をしたと思ったら、急に旦那の味方になるというような記事もあります。

そうなると読み手はどう思うでしょうか?

旦那に不満がある妻が、「どうしたら旦那は変わってくれるか」と思いながらネットをみていた。

すると、自分の気持ちを代弁してくれるようなあなたの記事に出会った。

すっかり読み込んでいたのに、途中で急に「いつも奥さんにうるさく言われている旦那様、お疲れ様です」なんて文字が出てきたら、、、。

掴みかけていた妻のハートは一瞬で冷めてしまいますよね。

これは、逆の立場もしかりです。

このように誰に伝えたいかが明確ではないブログだと、ブログ内でも話がぶれてしまうので、ペルソナを設定してブログで伝えたいことを統一することが、ファン獲得につながっていくんです。

男女や年齢の差で伝わりやすい表現が違う

性別や年齢の違いで伝わりやすい表現や、心に刺さる表現が違うんです。

そのため、ペルソナ設定で性別や年齢まで決めておかないといけません。

たとえば男性は好奇心旺盛で自分が一番になりたい!という野心的な人が多いです。

なので「これが男の戦い」「絶対的王者」というような言葉にワクワクします。

逆に、女性は戦って勝ち上がっていくというよりは、「いつか、自分もシンデレラになれる」という願いを持っている人が多いです。

戦いながら進むというよりは、運命的な出会いを待っているというようなイメージです。

なので「輝くあなたになれる」「私らしい私になれる」という言葉にときめきを感じます。

また何かを説明する時も、男女で伝わりやすさが違うんです。

男性の場合は、細かい機能を数字で伝えると伝わりやすいんですね。

たとえばパソコンのメモリの話をする時、男性なら「32ギガです」で通じますが、イメージで物事を捉える女性の場合は「32ギガです」という説明では「???」となってしまうんです。

女性に説明する場合は、「歌でいうと8500曲入るくらいの要領です。」というと「そうなんだぁ」と伝わるんですね。

他にも道を案内してもらう時、男性は「北に1キロくらい歩いて、○○という交差点を左折したらいいですよ」で伝わりますが、女性の場合は「北方面」という説明に対して「北ってどっち??」となってしまうんです。

女性に道案内をする時は「○○パン屋さんに向かって右方向に10分ほど歩くと、セブンイレブンがあるから、そのセブンイレブンの前の交差点を左に曲がるといいですよ。」と説明した方が伝わるんですね。

このように同じ説明をするにしても、男女によって分かりやすい表現というのは全然違うんです。

さらに世代によっても伝え方というのは工夫する必要があります。

たとえば20代男性にマンガワンピースを例えに出して説明すると、非常に伝わりやすいんですよね。

しかも相手の好きなもので例えることで、そこから親近感も感じてもらえるので、それ以降の説明も聞いてもらいやすくなります。

逆に50代の男性にワンピースのたとえ話をしたらどうでしょうか?

話を分かりやすくするためのたとえ話が、さらに分からなくなりますよね。

しかも人間は自分の知らない言葉が出てくると、その瞬間に脳がフリーズするので、それ以降の説明は聞いてもらえなくなるんです。

このように相手に分かりやすい説明をするためにも、性別や年齢も設定しておく必要があります。

初心者とマニアで求めているものは違う

初心者とマニアで求めている情報が違うので、ペルソナ設定を初心者なら初心者、マニアならマニアと設定しておく必要があります。

ペルソナが初心者の場合は専門用語は使用せず、すべて「~とは?」という定義の説明からしてあげなくてはいけません。

読みながら「これ、どういう意味?」となった瞬間に、相手の脳はフリーズするので、80代のおばあちゃんに説明するくらいに言葉をかみ砕いて説明することを意識します。

逆にマニアの場合は「~とは?」という定義から入ると、面倒に感じて離脱してしまう危険性があります。

またマニアの習性として、「マニアは自分より詳しいマニアからしか買わない」というものがあります。

なので、文章内で「この人、よく知らずに言ってるだろ」と感じさせた瞬間に離脱してしまうんです。

(マニアに売るってむちゃくちゃ難しいんですよ💦)

このようにペルソナが初心者かマニアかでも、説明の仕方が変わってきます。

たった一人に向けたメッセージほど相手の心に響く

よく「ペルソナを絞ると他の人を取りこぼしそうなんですけど」という話を聞くのですが、逆なんです。

たった一人に向けたメッセージ程、相手の心に響くんですね。

分かりやすい例えでいうと、全校集会の校長先生の話なんてだれも聞いてないじゃないですか。

校長先生はみんなの一員である「あなた」にも向けて話しているのに、みんな「早く終わらないかな」なんてことばかり考えてますよね。

しかし、結婚式の花嫁の手紙はどうでしょうか?

花嫁は自分の両親に向けて手紙を読んでいるのに、周りのみんなが感動しますよね。

このように、たった一人に向けて書かれたメッセージというのは、相手の心に響くものがあるんです。

このような心をつかむ文章をかけるようになるためにも、ペルソナをしっかりと設定しなくてはいけません。

さっそくペルソナ設定をしてみよう

ペルソナ設定の必要性が分かっていただけたところで、さっそくですが、あなたのブログのペルソナを設定していきましょう。

・年齢

・性別

・職業

・既婚・未婚

・趣味

・家族背景

・住んでいる場所

・友人関係

などなど、細かい設定があればあるほど具体的な説明ができ、さらに共感できるシーンの描写もうまく描けるようになりますよ!

マンガの主人公を設定するイメージで、よりリアルなたった一人の人物像を浮かび上がらせましょう。

ちなみにアニメ「クレヨンしんちゃん」は、町の地図などアニメには直接出てこない細かい部分まで設定されているそうです。

この細かい設定こそが、「日本のよくある家庭」を上手く描き出していると思っています(^^)/

さいごに

ペルソナ設定がしっかりできていると、どんな情報を求めているのか、どんな表現を使えば伝わるのかなどが明確になります。

するとブログの世界観も統一できるので、相手をあなたのブログに引き込むことができるようになり、ファン獲得にもつながりますよ!

ぜひ、ペルソナ設定をしっかり行って、ブログ運営をしていきましょう(∩´∀`)∩

★ペルソナ設定ができたら実際に記事を書いていきましょう!

ブログで稼ぐための記事の書き方を徹底解説!

ペルソナをさらに勉強したいママ必見!

子育てブログというのは非常にライバルが多く、また商業系の大手メディアも多く参入していることから、子育てブログでアクセスを集めようと考えると非常に難しいんです。

では、どうすれば周りのライバルと差をつけることができるのか?

その答えはペルソナ設定にあります。

10月開催予定のママブロガー勉強会では、このペルソナ設定についてしっかりお話をしていきたいと思います。

まだ日時や場所などは決まっていないのですが、詳細が決まり次第お知らせしますね!

企画運営者は、

オハナマルさん(@ohanamaru_g 

ナナミライさん(@7mira1

トドオバチンさん(@kRMKWd5JymIuh30

私(@minto_cafe7)

です!

よろしくお願いします(´▽`*)

【↓↓↓特化ブログのノウハウを詰め込んだnoteを発売しています!】

たった54記事で5か月目に18万PV達成!最小の労力で最高の結果を最短期間で叩き出すためのブログ戦略!

↓メルマガ会員1900人突破!

↓アクセスが伸びるブログのヒミツ