在宅ワーク

    ブログを作る際のペルソナ設定の極意を伝授!相手の心をつかんで離さない方法

    「このネタでブログを作るとウケそうだなぁ」というイメージができたら、記事を書く前に一度ペルソナ設定をしておきましょう。

    稼げるブログと稼げないブログの明確な違いは、「伝えたい相手」が明確かどうかという点です。

    ブログで稼げない人ほど、多くの人を取り込もうとして「みんな」に向けて記事を書こうとします。

    しかし、ここに落とし穴があります。

    実はブログで稼いでいる人ほど【たった一人のだれかに】に向けて記事を書いているんです。

    また、世の中にあるヒット商品の多くも、【たった一人に向けて作られた商品】がほとんどなんです。

    ではなぜ、たった一人に向けて書く必要があるのか?

    ここではブログで稼ぐために欠かせない「ペルソナ設定」についてお話しますね!

     

    この記事を書いてるmintoのプロフィールを見る

    そもそもペルソナって何?

    まずは、そもそも「ペルソナって何?」という説明からしていきますね。

    ブログの書き方などを調べていると、よく「ペルソナを作りましょう」と書いてありますよね。

    この「ペルソナ」というのは、あなたのブログを読んでいる理想の読者像のことを指しています。

    たとえば、資産運用に関するブログを書いているなら、読み手は資産運用に興味を持っている人だということが想定できます。

    「資産運用なんて怪しいものやりたくないよ」という人に読んで欲しいとは思わないですよね。

    このように、あなたのブログを読んで欲しい読者像こそが「ペルソナ」です。

    ペルソナ設定をすべき5つの理由

    では、なぜ「ペルソナ」を設定しないといけないのか。についてお話していきますね。

    伝えたいことが明確になる

    ペルソナが明確なブログになると、伝えたいことが明確になります。

    よく「ブログでなに書いたらいいか分からない」という人がいますが、それは伝えたい相手が明確でないからです。

    ペルソナを明確にしていれば、自然と話題がでてきます。

    たとえば婚活中の女性をペルソナにした場合、婚活中の女性が知りたいであろう情報を記事にしていったらいいのです。

    ・男性に好かれる仕草は?

    ・男性が結婚したい女性のタイプは?

    ・男性受けするファッションは?

    ・出会いがない時はどうしたらいい?

    ・マッチングアプリは安全なの?

    ・モテ女と自分は何が違うの?

    などなど、沢山出てきますよね。

    このように誰に伝えたいかが明確になると、その伝えたい相手が欲しいであろう情報を記事にしていけばいいので、ネタも考えやすいんです。

    ブログで伝えたいことがぶれない

    ペルソナが明確だとブログ内で伝えたいことがぶれなくなります。

    誰に向けて書いているのかが明確になっていないと、記事に一貫性がなくなり、読み手からすると全然説得力のないブログになってしまうんです。

    たとえば夫婦関係に関するブログを書いている時に、ペルソナを「旦那に不満を持っている妻」と設定していれば、妻目線の記事を書いていくことができます。

    すると妻の悩みに寄り添った言葉を選ぶことができますよね。

    しかしペルソナが明確でないままに、夫婦関係のブログを書いたらどうなるでしょうか。

    一方では「旦那さんにもたまには家事を手伝ってほしいですよね」と妻の味方をしているのに、もう一方では「いつも仕事で疲れているのに、土日くらいゆっくりしたいですよね」と旦那さん目線の記事が紛れてしまう。

    なんてことが起きるんです。

    もっとひどい場合は1つの記事内で、妻の味方をしたと思ったら、急に旦那の味方になるというような記事もあります。

    そうなると読み手はどう思うでしょうか?

    旦那に不満がある妻が、「どうしたら旦那は変わってくれるか」と思いながらネットをみていた。

    すると、自分の気持ちを代弁してくれるようなあなたの記事に出会った。

    すっかり読み込んでいたのに、途中で急に「いつも奥さんにうるさく言われている旦那様、お疲れ様です」なんて文字が出てきたら、、、。

    掴みかけていた妻のハートは一瞬で冷めてしまいますよね。

    これは、逆の立場もしかりです。

    このように誰に伝えたいかが明確ではないブログだと、ブログ内でも話がぶれてしまうので、ペルソナを設定してブログで伝えたいことを統一することが、ファン獲得につながっていきます。

    男女や年齢の差で伝わりやすい表現が違う

    性別や年齢の違いで伝わりやすい表現や、心に刺さる表現が違います。

    そのため、ペルソナ設定で性別や年齢まで決めておかないといけません。

    たとえば男性は好奇心旺盛で自分が一番になりたい!という野心的な人が多いです。

    なので「これが男の戦い」「絶対的王者」というような言葉にワクワクします。

    逆に、女性は戦って勝ち上がっていくというよりは、「いつか、自分もシンデレラになれる」という願いを持っている人が多いです。

    戦いながら進むというよりは、運命的な出会いを待っているというようなイメージです。

    なので「輝くあなたになれる」「私らしい私になれる」という言葉にときめきを感じます。

    (あ、でも「私らしい」をタイトルにするのはよろしくなくて、具体的な文章と組み合わせることが大事になります。その理由は後日ブログで書きますね!)

    また何かを説明する時も、男女で伝わりやすさが違うんです。

    男性の場合は、細かい機能を数字で伝えると伝わりやすいんですね。

    たとえばパソコンのメモリの話をする時、男性なら「32ギガです」で通じますが、イメージで物事を捉える女性の場合は「32ギガです」という説明では「???」となってしまうんです。

    女性に説明する場合は、「歌でいうと8500曲入るくらいの要領です。」というと「そうなんだぁ」と伝わりやすいです。

    他にも道を案内してもらう時、男性は「北に1キロくらい歩いて、○○という交差点を左折したらいいですよ」で伝わりますが、女性の場合は「北方面」という説明に対して「北ってどっち??」となってしまうんです。

    女性に道案内をする時は「○○パン屋さんに向かって右方向に10分ほど歩くと、セブンイレブンがあるから、そのセブンイレブンの前の交差点を左に曲がるといいですよ。」と説明した方が伝わります。

    このように同じ説明をするにしても、男女によって分かりやすい表現というのは全然違います。

    さらに世代によっても伝え方というのは工夫する必要があります。

    たとえば20代男性にマンガワンピースを例えに出して説明すると、非常に伝わりやすいんですよね。

    しかも相手の好きなもので例えることで、そこから親近感も持ってもらえ、それ以降の説明も聞いてもらいやすくなります。

    逆に50代の男性にワンピースのたとえ話をしたらどうでしょうか?

    話を分かりやすくするためのたとえ話が、さらに分からなくなりますよね。

    しかも人間は自分の知らない言葉が出てくると、その瞬間に脳がフリーズするので、それ以降の説明は聞いてもらえなくなるんです。

    このように相手に分かりやすい説明をするためにも、性別や年齢も設定しておく必要があります。

    初心者とマニアで求めているものは違う

    初心者とマニアで求めている情報が違うので、ペルソナ設定を初心者なら初心者、マニアならマニアと設定しておく必要があります。

    ペルソナが初心者の場合は専門用語は使用せず、すべて「~とは?」という定義の説明からしてあげなくてはいけません。

    読みながら「これ、どういう意味?」となった瞬間に、相手の脳はフリーズするので、80代のおばあちゃんに説明するくらい言葉をかみ砕いて説明することを意識します。

    逆にマニアの場合は「~とは?」という定義から入ると、面倒に感じて離脱してしまう危険性があります。

    またマニアの習性として、「マニアは自分より詳しいと認めたマニアからしか買わない」というものがあります。

    なので、文章内で「この人、よく知らずに言ってるだろ」と感じさせた瞬間に離脱してしまうんです。

    (マニアに売るってむちゃくちゃ難しいんですよ💦)

    このようにペルソナが初心者かマニアかでも、説明の仕方が変わってきます。

    たった一人に向けたメッセージほど相手の心に響く

    よく「ペルソナを絞ると他の人を取りこぼしそうなんですけど」という話を聞くのですが、逆なんです。

    たった一人に向けたメッセージ程、相手の心に響くんですね。

    分かりやすい例えでいうと、全校集会の校長先生の話なんてだれも聞いてないじゃないですか。

    校長先生はみんなの一員である「あなた」にも向けて話しているのに、みんな「早く終わらないかな」なんてことばかり考えてますよね。

    しかし、結婚式の花嫁の手紙はどうでしょうか?

    花嫁は自分の両親に向けて手紙を読んでいるのに、周りのみんなが感動しますよね。

    このように、たった一人に向けて書かれたメッセージというのは、相手の心に響くものがあるんです。

    このような心をつかむ文章をかけるようになるためにも、ペルソナをしっかりと設定しなくてはいけません。

     

    さっそくペルソナ設定をしてみよう

    ペルソナ設定の必要性が分かっていただけたところで、さっそくですが、あなたのブログのペルソナを設定していきましょう。

    ・年齢

    ・性別

    ・職業

    ・既婚・未婚

    ・趣味

    ・家族背景

    ・住んでいる場所

    ・友人関係

    などなど、細かい設定があればあるほど具体的な説明ができ、さらに共感できるシーンの描写もうまく描けるようになりますよ!

    マンガの主人公を設定するイメージで、よりリアルなたった一人の人物像を浮かび上がらせましょう。

    ちなみにアニメ「クレヨンしんちゃん」は、町の地図などアニメには直接出てこない細かい部分まで設定されているそうです。

    この細かい設定こそが、「日本のよくある家庭」を上手く描き出していると思っています(^^)/

    👇「でも、私の場合どうしたらいいかが分からないんです」という方は、こちらの記事をご覧ください^_^

    ブログのネタがない?ライバルと差をつけるネタの見つけ方教えます!ブログを書こうと思っても、「何を書いたらいいか分からない」なんてことはありませんか? 「このことに関しては、私よりも詳しい人がいる...

     

    読まれるブログを作る時が来た!

    ペルソナ設定がしっかりできていると、どんな情報を求めているのか、どんな表現を使えば伝わるのかなどが明確になります。

    するとブログの世界観も統一できるので、相手をあなたのブログに引き込むことができるようになり、ファン獲得にもつながりますよ!

    ぜひ、ペルソナ設定をしっかり行って、ブログ運営をしていきましょう(∩´∀`)∩

    ★ペルソナ設定ができたら実際に記事を書いていきましょう!

     

    つぎ読む記事はこちら➤ブログで稼ぐための記事の書き方を徹底解説!

    【無料】LINEでライティングを学ぼう!

    (1秒で登録完了!)

     

    LINE登録者限定で10本のライティングセミナー動画(計2時間以上)を無料でプレゼントしています。

    🌸セミナー動画の内容🌸

    【初心者向け】ライティングの超基本の部分を分かりやすく解説!(15分47秒)

    ライティングの基礎の部分について解説しています。初心者の方が、読みやすい文章、読まれる文章を書けるようになるための内容となっています。

     

    【悪魔のセールスレター】人間の認知バイアス(思い込み)を利用する方法(11分12秒)

    「オススメです」と書くだけでは売れません。売るためには、人間の思考回路を踏まえた上で、順序立てて商品を紹介していく必要があるのです。その方法について解説します。

     

    【論理崩壊!?】読まれない文章の特徴!読まれるブログを作ろう!(15分06秒)

    初心者の人あるあるなのが、「そもそも文章がなりたっていない」という状況です。その場合、どんなに心を込めて文章書いても、相手に読まれることはありません。初心者の方に多いミスをもとに文章の書き方について解説します。

     

    【ライティング講座】西野カナに学ぶ共感される文章の書き方(9分17秒)

    文章を書く上で大事なのが「共感」です。どんなに正しい情報を書いても、「共感」されなければ相手の心を掴むことはありません。西野カナさんの歌詞を例に、共感される文章の書き方について解説します。

     

    バカ売れ必至だけど使ったらいけないNGワード【セールスライティング】(14分01秒)

    非常に大きな反応がとれますが、「炎上」「トラブル」といった副作用が大きなNGワードについて解説しています。初心者の方の場合、「反応がとれる=正解!」と思ってしまい勝ちですが、炎上は避けたい!という方は、このNGワードについて知識をつけておきましょう。

     

    【初心者必見!】クリックされるブログタイトルのつけ方(16分20秒)

    ブログのタイトルをミスると、どんなにいい内容を書いていても読まれません。これはメルマガや自己商品のネーミングも一緒です。相手が気になってしまうタイトルに付け方について解説します。

     

    紹介している商品が売れない。。。見直すべき5つのポイント(8分54秒)

    「こんなに良い商品なのに!・・・なぜか売れない」そんな時に見直すべきポイントについて解説しています。

     

    【ライティング講座】分かりやすい説明をする10のポイント(10分23秒)

    「説明がわかりやすい」というのは、文章を書く上で絶対条件となります。相手が「なるほど!」と言ってくれる文章の書き方について解説しています。

     

    【売れるキャッチコピー講座】売れない人の共通点は欲張りすぎです。(13分05秒)

    第一印象で、相手の心を掴むためのキャッチコピーの作り方について解説しています。売れない人は、このキャッチコピーをつくる時点でミスっていることが多いです。

     

    【文章の書き方】アホにも伝わるやさしい伝え方(12分54秒)

    たとえ相手の読解力が悪くても「わかりました」「ふむふむ」と理解してもらえる伝え方について解説しています。ネットビジネスだけではなく、私生活にも活用できますよ!

     

    無料で動画セミナーを受け取るなら

    (1秒で登録完了!)

     

    minto
    minto

    登録がうまくいかない時は「@687xofvf」で検索してくださいませ!

    その時にアットマークも忘れずにお願いします!

    QRコードでも

    友だち追加できます!

    👇

     

     

    無料!3倍売れる文章の書き方講座
    今すぐ詳細をみる
    3倍売れる文章の書き方講座
    今すぐ詳細をみる