主婦起業

2019年版、好きなことを仕事にする方法と失敗しないひとり起業の絶対的ルール

最近「好きなことを仕事にしたい」とひとり起業を始める人が増えてきましたね。

私も在宅起業している身として、とても素晴らしいことだと思います。

ただ、好きなことを仕事にするというのは決して簡単はことではありません。

実際にひとり起業して月10万円以上稼げている人ってほとんどいないのです。

では、なぜ大半の人が稼げないのかというと、起業の方法の問題なんです。

正しい方法を知らないから、好きなことを仕事にしようとしても、結果的に稼げなくて諦めてしまうんです。

ここでは、好きなことを仕事にするためには、どのような方法で始めなくてはいけないのかについてお話ししていきますね!

好きなことを仕事にできるのは天才だけ?いいえ、凡人でも可能です!

「好きなことで食べていきたい!」なんていうと、親から「そんなことができるのは一部の限られた天才くらいや」なんて猛反対されそうですよね。

だけど今の時代、好きなことを仕事をすることは誰しもが可能なんです。

芸能人のような才能や強運、科学者のような知能がなくても、あなたも好きなことを仕事にすることはできます!

なので「自分も好きなことを仕事にすることができるんだ!」という希望を持って、本文を読み進めていってくださいね!

ほとんどの人が好きなことを仕事にできない本当の理由

こんなにも好きなことを仕事にできる時代になったのに、なぜほとんどの人が好きなことを仕事にできないのでしょうか?

それは親や世間からの目ですよね。

子供の頃からいい大学を出て、いい企業に就職することが成功。みたいな刷り込みをされていませんでした?

私もそのような考えを刷り込まれてきました。

子供の頃から母が選んだ塾や習い事に通い、母の中で「女の子は看護師になっておいたら安泰」という考えがあったので、自分の意思とか何もなく当たり前のように看護学校に入学しました。

看護師になったことは、結果論として良かったと思っていますし、看護師という職業は素敵な職業だと思っています。

ただ学生時代に自分の意思ではなく親に決められた進路だったということで、仕事で嫌なことがあるたびに「私はなりたくてなったんじゃないし!」という感情が溢れてました。

やはり自分の人生は自分で決めないと幸せにはなれないですね。

また私のいとこはある大手企業の内定と、アパレル会社の内定が決まったとき、親族全員が「大手企業に行くべき」といいました。

いとこはずっとアパレルがやりたいという思いがあり、自分の意思で大手企業を蹴って、アパレルを選んだのですが、その選択に対して周りの親戚は「もったいない」といいました。

自分がやりたい進路を選んだのに、なんで大人たちは「おめでとう」より「もったいない」って言葉が先に出てくるんだろう。

周りの大人たちは、自分の理想という名の枠に我が子をはめることが、我が子にとっても幸せだと思っている。

でも、結局は我が子が理想通りに育つことで、親自身が「私はここまで育てたのよ」と安心したいというのも大きいんですよね。

だから、親のいいなりになってると、自分の好きなことを仕事になんてできないんです。

なのでもしあなたが「好きなことで食べていきたい」といった時に、親や周りの人たちに「何バカなこと言ってるの?」と言われても、そのまま引き下がらないでほしいなと思います。

ちなみに私は不動産投資を始めた時も、ネットビジネスを始めた時も親には言いませんでした。

言うと頭ごなしに反対されるのがわかっていたので、どちらもある程度収益が出るようになってから、カミングアウトしました。

成人しているなら、親には言わずに始めちゃうというのも一つだと思います!

 

minto
minto
ただ一人で全てを決めてしまうと、大きなリスクにつながってしまう事もあるので、これから話す注意点などは守ってくださいね!

ひとり起業で失敗する人の特徴

「ひとり起業」というと簡単そうに聞こえますが、「起業」に変わりはないので甘い世界ではありません。

そのためひとり起業で失敗する人の特徴からお話ししていきますね。

自己満のものを商品にする

ひとり起業で失敗する典型が「自己満のものを商品にする」というものです。

例えば、あなたが釣りが趣味だったとしたら「自分の釣りの記録をブログで発信しよう」といったものです。

でも、ちょっと待ってください。

あなた自身、顔も知らない赤の他人の日記を読みたいでしょうか?

毎日忙しい中、わざわざ時間を割いて「今日はこんな魚が釣れました~」という日記を読みにいきますか?

相手が芸能人でその人のファンという前提があるなら、ファンは見に行くでしょう。

でも一般人がただの日記ブログを更新しても、誰も興味を持ってくれいないんです。

という話をすると「でも、私がこうやって好きなことをしていきている姿を発信すれば、「私もこうなりたい!」と思ってくれる人が現れると思うんです。私はそんな人の背中を押したいんです」ということを言う人がいます。

ちゃうんです。

そもそも、見てもらえる前提で考えたらダメなんです。

「誰も赤の他人の言っていることなんて興味がない」と言うことを踏まえた上で、どう発信すれば相手に読んでもらえるかを考える必要があるんです。

好きなこと=嫌なことはしなくていいと思っている

また「好きなことを仕事にする」を「嫌なことはしなくていい」と思っている人がいます。

しかし、好きなことを仕事にしたとしても、お客さんという相手がいる以上、責任が付いてきます。

だからクレームを受けることはあるし、トラブルが発生することもあります。

そういった事態の時に「知らない」なんていったら、信用がだだ下がりになってストレートで廃業しますよね。

「ひとり起業」も「起業」であり、たかがブログと思うかもしれませんが「オーナー」であることは違いありません。

そのため責任というものは必ずついてくるということは忘れてはいけないのです。

簡単にできると思っている

初めて起業する時って、ワクワクしますよね。

そこで要注意なのでが99%の人が、スムーズにゴールに到達できると思っていることです。

例えば「釣り日記」という日記ブログを書き始めた途端に、周りの人から「面白い」と言われるようになり、あっという間に「釣り界のインフルエンサー」になって、書籍も出版してテレビにも呼ばれて、あっという間に大金持ち!~なんて妄想をしています。

これは言いすぎたとしても、あなたもちょっと心当たりありませんか?

私も初めはそんな妄想してましたね(笑)

トントン拍子でうまく行くことしか想像してませんでした。

でも、実際はそんな簡単にはいきません。

なんども壁にぶつかりながら、一つずつ乗り越えていってやっとゴールするのです。

しかし、ひとり起業でうまくいかない人は、初めの段階で壁の存在を想定していなかったために、突然壁が現れた瞬間に「ダメだ。できない」となって諦めてしまいます。

 

minto
minto
ひとり起業でうまくいかない人は、だいたいこの3つのパターンを併せもってるで!

ひとり起業でうまくいく人の特徴

では逆にひとり起業でうまく行く人の特徴について解説していきますね!

誰かのために商品を作っている

まず同じ釣りブログを作るにしても、誰かのためになるブログ運営を心がけます。

例えば釣り初心者の人に向けて

・釣りスポットと釣れる魚の一覧を作る

・関西で絶好の釣りスポットをまとめる

・初心者が初めに買うべき釣り道具の紹介

・釣り方のコツ

などをブログで紹介します。

これなら、ブログ運営者が赤の他人だったとしても、自分の知りたいことを紹介してくれているので読みますよね。

このように相手にとって役に立つ情報を発信することで初めて読んでもらうことができるんです。

さらに「この人の釣りブログは本当に役に立つな」と思ってもらえたら、SNSなどで他の釣り仲間にシェアされたりして自分の認知度が上がっていくわけです。

責任がついてくるという覚悟がある

うまくいく人は「やってやるぞ」という覚悟とともに責任が付いてくることも理解しています。

うまくいかないことを他人のせいにはせず、「自分の責任」と捉えて対処法を考える。

だから自分自身が成長できるし、周りの見ている人からの信用を得られるというわけです。

試行錯誤しながら前進できる心の強さがある

うまくいく人はトラブルに対する耐性が強いので、壁にぶつかっても簡単には諦めません。

壁にぶつかった時に、すぐに「~だからできない」というのではなく、「~だけど、どうすればできるか」という視点で物事を考えます。

そうやってなんども試行錯誤を重ねることで目指しているゴールに近づいていくんです。

失敗する人とうまくいく人の違い

うまくいかない人とうまくいく人の差は才能や運ではなく、ものを作るときの視点とか問題にぶつかったときの捉え方の違いでしかありません。

そのため、あなたもうまくいく人の考え方を参考にすると、うまくいく確率を上げることができますよ。

好きなこと仕事にするために知っておくべき4つのこと

ではでは、好きなことを仕事にするために知っておくべき4つのことについてお話ししていきますね!

リスクは負うな!最悪の場面に対応できる準備だけはしておく

まず一番に言いたいのが、「いきなりリスクを負うことはするな!」ということです。

始めからうまくいかないということを前提に考えて、自分の生活を最低限守れる状態にはしておいてください。

・貯金のないままに退職する。

・いきなり大量の商品を仕入れる

・借金して教材を買う、店舗を構える

などをしてしまうと、計画通りに進まなかった場合に待っているのは地獄です。

なので1年間は収入が全く入らないかもしれないという覚悟の上で、自分の生活を守れるだけでの資金は準備しておきましょう。

それか働きながら副業という形でひとり起業するのもいいですね。

とりあえず資金がショートしてしまったら、続けたくても続けられないという状況に陥りますし、多額の借金を作ってしまったら人生もが変わってしまうので、初めからリスクを負うようなことはしないようにしましょう。

今は、初期費用を抑えながら稼げる方法がたくさんありますので、簡単に人生をかけないようにしてくださいね。

minto
minto
 「自分の逃げ道を塞いだ方がいい」という人もいますが、人生の掛け方を間違えてはいけません。

物理的に追い込むのではなく、自分で自分に厳しくなることで逃げ道を塞ぎましょう。

警告!主婦が安全に副業したいなら絶対にやってはいけない5つの方法今日は、主婦の方が安全に副業を始められるように、2019年版の絶対に手を出してはいけない副業と安全に出来る副業について解説します。 ...

起業は持久走!固定費は抑えていこう!

先ほどの話の続きにもなりますが、起業は持久走です。

成果が出るまでに1年2年かかるかもしれません。

またすぐに稼げたとしても、いつ収益が落ちるかもわかりません。

なので固定費も極力下げていきましょう。

「形から入るタイプなんです」と言って、机もパソコンも買い換えるとかしなくていいですし、SNSでリア充アピールするために無理して高級レストランに通う必要もありません。

固定費はできるだけ下げて、より長く続けられる状態を作りましょう。

minto
minto
 うちの毎月の固定費は、通信費、税理士顧問料、メルマガ利用料全部合わせても月5万円以下やで。
主婦が副業で成功する秘訣は資金をかけないこと!安全な副業のはじめ方今日は、主婦が副業で成功するために大事な考え方についてお話ししていきますね! 最近は副業する主婦の方が増えていますね! 「家...

誰に何をどうやって売るかを明確にする

金銭的なリスクを予防できたら、次は誰に何をどうやって売るかを考えましょう。

「自分が好きなこと」×「市場のニーズ」×「マネタイズ」

この3つが重なるものを商品化していきます。

またどうやって売るかに関してですが、ネットを活用した方法だとメジャーなものでいえばブログやSNS、YouTube、アメブロなどが上げられますよね。

実はそれぞれ使っている層が違うので、ブログではニーズがないけどYouTubeなら再生回数10万回以上超えているなんてこともあるんです。(その逆もしかり)

そのため、始めから「ブログでやる!」などと固執せずにいろんな市場を見てみると面白いと思います。

その上で、自分が売りたいものは、何を活用することで売れるのかを考えてみましょう。

目標にしたい人の真似を徹底的にする

自分の進みたい方向が決まったら、その分野で実績を出している人を探してみましょう。

サイトアフィリエイト、メルマガアフィリエイト、転売、ハンドメイド、コンサル、オンラインサロン運営などなどビジネスモデルはたくさんありますが、自分がやろうとしていることに精通している人を見つけてその人を徹底的に真似してみましょう。

・どういう商品を売っているのか。

・どうやってセールスまでの動線を引いているのか。

・どうやってマネタイズしているのか。

スパイになった気持ちで、相手の技を盗んでいきます。

またその人がコンサルなどをされている場合は、受けてみるのもいいでしょう。

ただ、その場合も資金的に無理のない範囲で行うようにしてくださいね。

好きなことを仕事に:好きなことを好きなようにしててもダメ!好きなことに関連したサービスを考えよ!

好きなことを仕事にするために大事なのは、まず周りの大人の意見に振り回されないことが大事ということ。

自分の思いに正直にやってみましょう!

ただ、闇雲に好きなことを好きなようにしていてもお金は稼げません。

誰かの役に立つものを作るという視点を持ち、うまくいかないことを前提に取り組むという姿勢が大事になります。

またいきなり「借金を作って大勝負!」なんてリスクを負わずに、小資本で始めていきましょう。

・誰かにとって役立つものを作る

・試行錯誤しながら継続する

・金銭的リスクを負わない

この3つを抑えながら続けていくと、好きなことを仕事にするという夢を叶えることができますよ!

メルマガでもひとり起業に役立つ情報を発信しています!

 

 

 

↓メルマガ会員2000名突破!

↓アクセスが伸びる秘訣がこちら