主婦起業

主婦起業のメリット・デメリット。ママ社長を1年して感じた本音

最近は主婦起業を始める人が増えています。

「家計の足しにもう少しお金がほしい。でも、子供が小さいから外で働くのは難しい。」

しかし、主婦起業に興味はあっても、実際のところ「本当に稼げるの?」「大変じゃないの?」など、色々疑問もありますよね。

そこで、法人化して1年経った私が感じた主婦起業のメリットデメリットを解説していきます。

主婦起業の6つのメリット

まずは主婦起業をして良かったなと感じたことから紹介していきます。

自分の好きなこと、やりたいことができる

主婦起業の場合、何をするかは自分次第なので、自分の趣味や得意を活かしたことができます。

もちろん単に好きなことを発信するだけではダメですが、「本当はこんなのやりたくなかったのに〜」と不満を持ちながら仕事を続けないといけないというストレスはありません。

「もういやだ!」と思ったら、路線変更することだって可能なんです。

自分のキャリアを活かせる

これまでの自分のキャリアを活かすことができます。

・看護師さんの場合は、看護師向けの転職サイトを作ったり。

・保育士さんの場合は、子育てに関するオンラインサロンを運営したり。

・ウェブデザイナーさんの場合は、自分のデザインをネットで販売したり。

・ファイナンシャルプランナーの資格を持っている人は、投資系のブログを運営したり。

・学校の先生は、YouTubeで専門分野の解説などを投稿したり。

まだまだたくさんありますが、このように色んな方法でお金を稼ぐことができるんです。

自分のキャリアが違う形で活かせるって嬉しいですよね!

 

minto
minto
私には何もできることがないんです〜。という人がいますが、絶対にそんなことはありません。

職場の人間関係に悩まなくていい

一人で全てのことを完結できるので、苦手な人と付き合うストレスなどはありません。

これがかなり精神衛生上いいです。

職場だと、一人や二人絶対にややこしいおばちゃんとかいるじゃないですか。

チクチク嫌味言ってくる人とか、休憩室で文句や悪口ばかり言ってる人とか。

そういった人の顔色を伺いながら働かないといけないということが一切ないので、気持ちが非常に楽です。

家事と子育てをマイペースにできる

私自身が一番のメリットに感じているのが、家事と子育てをマイペースにできるという点です。

看護師時代は、毎日時間に追われてましたし、土日も溜まった家の用事をこなす感じだったので、本当に消耗してました。

だけど、在宅で働けるようになったので、昼間に家事も並行しながら作業できて、「時間に追われる」ということがなくなりました。

在宅ワークでも収入があることを証明できれば、子供を保育園に預けることもできるので、一人でゆっくりできる時間の確保もしやすいです。

通勤時間がない

通勤時間がないので、人より一日の時間を長く使えている気がします。

もし通勤で片道30分かかってたら、往復で1時間なにもできない時間が生まれてしまいます。

だけど在宅勤務の場合は通勤時間がゼロなので、みんなが通勤で使っている1時間を仕事や家事に当てることができるというのも嬉しいですよね。

夜も作業できる

子育てしていると、夜に作業できるというのも大きなメリットです。

子どもが風邪で保育園を休んだ時などは、子供が寝た夜に作業をしたらいいので焦る必要はありません。

作業のペースは自分で管理できるので、夜も活用しながら進められるというのはメリットだと感じています。

 

minto
minto
ただ、頑張りすぎには注意!

主婦起業の3つのデメリット

次は、主婦起業する上で3つのデメリットについて解説していきます。

すべて自分の判断と行動力にかかっている

主婦起業の成果は、すべて自分の判断と行動力にかかっています。

社長は自分な訳なので、なにをどう進めるのか。

この課題をどう乗り越えるのか。

そのような問題を自分で乗り越えていかなくてはいけません。

会社に勤めていると先輩に聞けますし、もし失敗しても責任をおうのは会社であり、あなた自身の収益に影響することはないですよね。

主婦起業の場合、メンターなどがいれば相談することはできますが、最終判断をするのは自分であり、その結果を受けるのも自分であるという覚悟が大事になります。

 

minto
minto
「教えてもらう」という受け身ではなく、自分で考え行動する力が大事!
2019年版、好きなことを仕事にする方法と失敗しないひとり起業の絶対的ルール好きなことを仕事にして起業する人が増えてきました。ただ、実際にひとり起業して月10万円以上稼げている人ってほとんどいません。では、なぜ大半の人が稼げないのかというと、起業の方法の問題なんです。...

収入の保証はない

主婦起業の場合は、頑張ったから絶対にいくらもらえるという保証はありません。

なので、すぐに結果を求める人は続かない傾向があります。

また、ネットなどで情報収集していると、「普通の主婦がたった1ヶ月で月収100万」などの広告が流れてくることがありますが、これらの情報も色々とカラクリがあるので信じてはいけません。(以下で説明しています)

全くの素人の人で、ブログやSNSなどを活用して月10万円稼げるようになるのに、1年は見ていた方がいいです。

この1年を乗り越えたら、月10万円に留まらず、20万、30万と収益を伸ばしていくができます。

主婦の場合は生活もあると思うので、出来るだけ早く収入が欲しいという場合もあるかと思います。

そのような場合は、クラウドソーシングといって、仕事を依頼する個人・企業と、仕事を受けたい人をマッチングするサービスがあるので、そこで仕事を受注しましょう。

データ入力やライターなど、素人の人でも受けられる仕事があり、このような作業であれば納品と同時に収益が得られます。

起業での成果が出るまでは、クラウドソーシングなどを併用することで収入を得るといいでしょう。

ライター業だけで月10万円稼ぐことは可能ですし、ライター業で月50万円稼ぐ主婦もいます。

 

minto
minto
もちろん、ライター業を本業にするのもあり!

旦那の扶養から外れることがある

今、旦那さんの不要に入っている場合、あなたの稼ぐ金額によっては扶養から外れる場合があります。

扶養に関しることは、こちらの記事を参考にしてください。

https://venture-finance.jp/archives/6699

稼ぐ手法の選定を間違えると悲惨

「主婦起業しよう!」と思った時に、はじめに出会った情報がハズレだった場合、思わぬ借金を抱えてしまうことがあるので、ここだけは注意しましょう。

女性に多いのが、初めから何かしらの塾などに入ってしまい、その塾のルールやしがらみに縛られてしまうケースです。

真っ当な起業塾もたくさんある一方で、ブラック企業よりも、どす黒いルールがある起業塾ってたくさんあります。

 

在宅でお金を稼ぐ方法はたくさんあるので、もし今後入った塾やサロンに違和感を持った場合は、抜けるようにしましょう。

大事なのは、ルールに縛られるのではなく、自分を主軸においたビジネス展開ができることです。

これが、長期的に稼ぐ力に繋がっていきますよ!

主婦のための在宅起業の始め方。家にいながら稼ぐ12の方法子育てしながら外で働くってなかなか大変ですよね。 そのためママなら誰しも一度は「家にいながらお金を稼ぐことができたらいいのにな」と考え...

個人事業主と法人の違いは?どっちがいいの?

税理士YouTuber大河内さんに、税金や扶養に関する解説動画を作ってもらいました。

メルマガでもお金を稼ぐ方法を配信中!

↓メルマガ会員2000名突破!

↓アクセスが伸びる秘訣がこちら